足の指と指の間が痒くなったり、皮膚がただれたりする症状は水虫のせいです。
水虫というのは、白癬菌というカビが皮膚に感染、規制して激しい痒みを伴ったり、皮膚がただれたりする症状です。
一般的に、水虫といえば足の裏に出来る病気と思われていますが、白癬菌が感染するのは足だけでなく、身体のどの部分でも感染する可能性があり、感染した部位によって名称も異なります。

足に感染した場合は足水虫と言い、爪に感染した場合は爪水虫と言います。
その他にも、頭部に感染してしまった場合はシラクモと呼ばれたり、体部に感染した場合はゼニタムシ、股部に感染した場合をインキンタムシと呼ばれています。
近年では、それぞれの感染場所に応じた薬などが開発され、薬局などでも購入できるようになっています。
水虫というのは、そのまま放置していても完治する病気ではなく、薬などをしっかりと塗らなければ治りません。
ですので、足の痒みやただれが気になる方は早めに診察して、専用の薬などを塗ることをオススメします。
足に水虫が感染すると、痒みやただれだけではなく異臭も発する事もあり、周囲に不快な思いをさせてしまう恐れがあります。
また、足の皮膚がただれたりするので夏場は人前でサンダルなどを履けなかったり、裸足になれなかったりします。

おすすめ LINK

困った水虫には薬で対処しませんか?|大源製薬

archive
category
  • カテゴリーなし
calendar
2014年12月
     
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031